遂に「ホタル族狩り」が解禁になりました…喫煙反対派の方は読まないで下さい♪

お昼のニュースです。

先日、国の絶滅危惧種にも指定されたホタル族…

その「ホタル族狩り」が解禁になった話題です。 

いわゆる「ホタル族」らがマンションのベランダなどで吸うたばこの煙が近隣住宅へ流れる受動喫煙に対し、被害者団体が結成され、日本弁護士連合会に人権救済申し立てを行うことが14日、分かった。火災も増えているとみられ、飲食店や公共施設での受動喫煙規制の議論が高まる中、喫煙者への風当たりはさらに厳しくなる。
 団体の名称は「近隣住宅受動喫煙被害者の会」。全国で一定程度の会員が集まり次第、人権救済を申し立てるとともに、「ベランダ喫煙禁止法」の制定を目指し、厚生労働省や国土交通省に働きかける。さらに各自治体に対し、近隣住宅での受動喫煙を防止する条例の制定を求めるという。
 代表となる埼玉県在住、荻野寿美子さん(49)は、マンション近隣宅の喫煙に悩まされ、解決するまでに5年かかった。「煙を吸うと、涙が出てせきが止まらなかった」。医者に受動喫煙症と診断され、ベランダでの喫煙に注意喚起の紙をマンションに掲示しても変わらず、管理組合や管理会社と掛け合った。人間関係の悪化を恐れ、喫煙者と直接やり取りすることは避けたため時間がかかったという。
 荻野さんは小学生の頃、肺炎や気管支炎を繰り返し発症するほど病弱だった。父親は「たばこで死ねるなら本望だ」というほどのヘビースモーカーで、禁煙を泣いて頼んでもやめなかった。突発性間質性肺炎などを患い、父親は平成22年に亡くなったが、荻野さんは「肺が破れて空気が体内に漏れ、上半身が風船のように膨らむなど壮絶な最期だった。本人にとっても家族にとってもつらい目に遭わせた」と話す。(以上ヤフーニュース引用)


このニュースを読んだ時に荻野さんの過去話がヘビー過ぎて…

被害者の会の話が薄くなってる気がします。

私の家系も肺が弱いです。

肺ガンなど肺系の病気で亡くなった親戚が多数在籍し 、私も若かりし日に『肺結核』になりました…

医師の話では体力が低下すると誰でも結核にかかるリスクがあるとゆう事でした。

若い頃からタバコを吸い続けてきましたが 、そんな私も2008年に日本たばこに惜しまれながら

ホタル族を引退しました。

ホタル族引退後はお菓子に依存したりと大変でしたが、今では普通の人間になれた気がします。

一度蝕まれた肺は死ぬまで治ることはないでしょうが…

私も元ホタル族として今回の訴訟は複雑です。

外でも会社でも喫煙が規制され、遂にホタル族の聖域ベランダさえも規制がかかったんですね…

タバコを吸う人には分からないかもしれませんが タバコの臭いって結核イヤなもんです…

荻野さんのように私情を全面に押し出して親の仇のようにホタル族狩りをする方も増えるんでしょうね。。

そんな愛煙家の皆様にオススメしたいのがコチラ♪

20170515143817966.png

「ラッキーストライクのたばこ型スチール缶」です。

サイズは縦 約9.5cm×横 4cm×高さ 15cm

結構なビッグサイズです!!

20170515143818c6c.png


これを使ってホタル族狩りの攻撃に応える強い肺を作ってください!!


この商品もヤフオクに出品中です♪是非↓ご覧ください!↓

非売品のサトちゃんグッズなどを多数出品中♪
ヤフオクページにてご覧下さい~^^

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント